見えないものは?

見えないものは信じない。

よく言われるんですよ。

だからあなたの言ってることは信じられません!って。

信じてくださいという話ではありません。

ただね、あまりそのようなことは言わない方がいいですね。

なぜなら。

人の目には見たいものしか写らないから。

例えば今いるところで目をつぶってみてください。

あなたの周りに赤いものはいくつありますか?

目をつぶったままで思い出してみてください。

さぁ目を開けて周りを見ましょう。

いかがでしたか?

赤いものすべて思い出せましたか?

ポットの蓋、ポンと置いてたカバン、

クッション、えべっさんのタイ(笑)

・・・

意外と見落としていたものはありませんでしたか?

意識が低いのではありません。

人の脳は見たものすべてを処理しきれないのです。

だから、あなたが見たものと私の見たもの(処理したもの)は別物なのかもしれないのです。

とすれば

見たものしか信じない!っていうのはどうでしょう?

それって「私は私のレベル以上のことは受け入れないし、レベルアップしたくない!」って言っているのと同じではありませんか?

何の問題もなく、波風立たずに平和に生きる。

それって理想かもしれないですね。

でも、それって何の成長もないってこと。

自分の処理能力の範囲内ですべてできちゃうんだから、何の苦労もないですよね。

それでは生きてる意味がない!って思いませんか?

少しずつ枠を広げ、少しずつ高みをめざしましょう。

関連記事

  1. 桜は梅を羨ましがらないし、梅は桜を妬まない

  2. 全てが最善で、最良!

  3. 理由は同じ

  4. 余裕がなくてイライラする時は

  5. 愛されたい、認められたい。

  6. わたしにできることは?